スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

photoshopでカンバスが動いてしまう/スペック確認

 マスクをかけたりした後、修復ブラシツールを使おうとすると 画像が一緒に動いてしまうので作業が出来ないという事態が。  ペンタブレット・マウス共に同じように、動かせばその通りに カンバス(修正している画像)とストロークが同時に動いてしまうので  (まるでレイヤーのように同じ画像が何層にも重なってしまったり してしまいました・・。) ツールを使うことができないという・・。   検索して色々調べてみましたが、  「C-1. WinTab の SystemStylus を無効にします。」 ↓ メモなどに  # Use WinTab UseSystemStylus 0  を、コピペして ↓ PSUserConfig.txtというファイルを作り、 ↓ 設定フォルダ(users/AppData/Roaming/Adobe/Adobe Photoshop○○○/Adobe Photoshop○○○settings)に入れる ↓ なども効果がなく 再起動や再インストールまでも試しましたが全然ダメでした。。 困った挙句、「修復ブラシツール」 ではなく、「スポット修復ブラシツール」  を使ってみると普通に使えたので、それを使うことにしました。  でも、修復ブラシツールがよく使っていたし、とても使いやすかったので、 諦めきれず調べて弄っていて分かったことがありました。  「修復ブラシツール」を選択した瞬間、ブラシの太さが 5000と、とんでもない太さになっていたのです。 なので、ペン先の大きさを通常くらいのサイズに変更してみました。  すると、画面(キャンバス)は動かなくなり、ブラシは使える様になりました。 早速、修復用に「Alt」キーを押して貼りつけようとすると 色が薄く、全然修復になりませんでした。 不透明度とかのメニューもないのでおかしいなと これも暫く弄ってみましたが・・。 「モード」が「通常」から「置き換え」に変更することで 修復ブラシツールの機能が使えました。   ついでですが、スペックの確認方法を詳しい人に聞いたので、 photoshopを使う際のスペック確認方法を備忘録として残します。  以下の3つの方法で、殆ど必要なスペックが分かる様です。   スタート画面を出すところのウィンドウズマーク  → システム →CPUとかcore、メモリ、bitが分かります。 設定 →

jw-cadでトレース、上からなぞるとき

今回は、linuxではなく、JW−CADなのでwindowsのお話となります。 ゆくゆくは、cadのことだけのサイトも作りたいと思っています。 (その場合、この記事を移行させる予定です。) では、JW-CADでのトレースの方法です・・。 ↓ 画像をトレースするために、 作図するレイヤーを前面へ移動させたい場合・・についてです。 やりたいことは「画像を上からなぞる」事。 なので先ず、画像を貼り付ける方法について。 (上からなぞるには作図する画面の後面へ貼り付けなくてはならないのですが それが何故か出来なくて困っていたので覚書メモしました・・。 後面・背面・前面など、wordでテキストボックスと図形を使う時なんかと同じ様な感じです。) 逆の方法を見付けたので、反対に 設定 ↓ 基本設定 ↓ 一般(1) ↓ 「画像ソリッドを最初に描画」にチェックを入れる としたら、画像は下(背面・後面)へいきました。 (レイヤも分けておきます) その他、画像について。トレースをするにあたり 画像を固定したかったのですが、方法がよく分からず。 取り敢えず、今の位置に目印を付けて、 ↓ 例えば、左下の画像の角の部分に ↓ 角に沿うように線を引き、+の様な形を付ける。 ↓ ズレたら、その+字の印に画像の角を合わせる。 ・・という方法で当面はやっていくことにしました。     あと後日の追記ですが、画像を拡大・縮小する方法: 「文字」コマンドで貼り付けた画像の左下をクリック。 画像データのリンク先と属性データが表示できます。  リンク先に続く属性データは、"100,75,・・・"となっているので、 この"100,75"が表示上の横幅と高さを表します。  標準では幅が100dotsと入力すると、高さは自動的に設定されます。 (未確認ですが、この方法で(座標検出ができそう?なので、) 位置の固定ができるかもしれません。) その場しのぎですが・・取り敢えずは。 メニューに「画像同梱」というのがあって、それっぽいのですが、 エラーで出来ないので、こちらはよく分からないままです。 画像データを埋め込む事が出来るようになった・・ということみたいです。 (もっと詳しく分かったら追記か別記事をupしたいと思います) ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少し

jw-cadで画像を挿入したい

JW-CADで画像挿入をする方法を備忘録として残します。   左上メニューの「編集」  ↓ 画像編集  ↓ 画面の左上に「画像挿入」というボタンが表示されるのでクリック  ↓ 画像の選択画面が出る(BMP形式のみ)  ↓ 画像を選んで「開く」をクリックする  ↓ ・・で、通常はOKなのですが、 私の場合・・BMP(ビットマップ形式の画像がなかったので、 以下の事を調べたりしました。。)   PDFからのBMP形式が現在は保存できないみたいなので・・ (過去に出来ていたかのも疑問が残っておりますが。)   他の画像加工ソフト(illustrator(有料)、GIMP(無料)は出来ます)  で、他の形式に書き出すとかで「BMP形式」を選択して保存できます。 そうすると、上記の方法でJWWに貼り付けが出来ます!     以下、過去記事ですが、いろいろ勘違いしていた記録です。 気が向いた方はお読みくださいませ。   2017年にjw-cadの新しいバージョンが出ていたみたいなので折角なので そちらをダウンロードしていたので何か足りなかったみたいで 「bitmap」形式の画像しか選択できない様になってしまっていました。。。 上記の事をやって、画像を色々とトレースしてみたかったんですが・・ 画像の貼り付け用の操作方法をいろいろと調べたり弄ったりするうち、 bitmap という形式しか使えなくなっていた事に気付いたので、 そのことで検索すると 他のjpegとかの画像ファイルを読み込むためには プラグインをダウンロードしなくてはならなかった・・ということでした。 そのためのプラグイン(色々なファイル形式の画像を読み込める)は、 Susieのだうんろーど というサイト様からダウンロード出来ます。 以下の Plug-in package ver0.08 (JPEG/GIF/TIFF/Pi/PIC/Pic2/XLD4/MAG/PICT/ LHA/Zip) というリンクをクリックするとダウンロードは直ぐに始まります。   ↓ (解凍ソフト(Lhasaなど)がなかった場合、同じページから ダウンロードすることが出来ます。)   ↓ DLしたプラグイン、ファイル名「spi32008.lzh」 (解凍ソフトにより解凍後のもの)を「jww」フォルダに入れます。   ↓ (解凍後のフォルダ名「spi