スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

linuxのCPU・スペック・メモリを知りたいとき

最初はメモリがどれくらいあるのか気になり、 調べていた覚え書きですが・・いつの間にかcpuなどの確認方法を調べだし。 できれば、windowsの時の元のスペックが分かると良いなとおもったのですが・・ (どんなパソコンだったのか、自分でももう分からないので) その確認方法を探してみましたが・・ そういえば、windows環境は綺麗に消し去ってしまっていたのでした。 なので、そんなものはありはしない・・。 ターミナルエミュレータ(端末?、あの$や#から始まる、記号を入力する黒いウィンドウ) で、何回かコピペして調べました。 $ cat /proc/cpuinfo で、ズラーッと項目と数字などがでてきますが・・ 私は以下のことだけで良かったので、 全部は載せませんけど・・ 一部のみ、参考例(数字は微妙に変えてあります): processor : 0 vendor_id : GenuineIntel cpu family : 6 model : 58 model name : Intel(R) Core(TM) i5-3000M CPU @ 2.60GHz stepping : 9 microcode : 0x15 cpu MHz : 1199.865 cache size : 3072 KB physical id : 0 siblings : 4 core id : 0 cpu cores : 2 apicid : 0 initial apicid : 0 fpu : yes fpu_exception : yes cpuid level : 13 wp : yes flags : fpu vme de ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ bugs : bogomips : 5188.36 clflush size : 64 cache_alignment : 64 address sizes : 36 bits physical, 48 bits virtual power management: 私の必要だった情報: processor は、0〜3の、 4つ(上記の参考例が4つ分、ずら〜っと並んでいました!) model name には、知りたかったGHz が表示されていて、2.6GHz core id は、3と4それぞれに、1つ X 2つ。 cp

libre Officeからexcelへ

今回はlibre Officeからexcelへという、普通とは逆パターンのお話ですが 最近、windows の古いパソコンを貰ったので、linuxよりも明らかに windows の方が勝手の良いものは 少しずつ、データを移すことにしました。 中でも、仕事関連で使う可能性のあるEXCELやWORDなどは 先にやってしまいたいところだったのですが・・ なんと。 libreOffice で入力したデータ(拡張子odtなどのファイル)は、 エクセルでは読み込めないみたいです。 エクセルからLibreオフィスへは読み込めたので、 逆(データ互換)も何とか出来るかと思い込んでしまっていたので、 とてもショックを受けました。 なので、 エクセルをLinux上で編集して上書きした部分を、windowsで 見ようとしたら・・まるで何事もなかったかのように、 古いエクセルのファイルデータが残っているだけでした。。という。 古くてもやはり、Excelの方が表の腺を変更するなどの細かい修正は しやすかったので、使い勝手はExcelが良いです。 ・・なので、windowsに「libre office」を入れることはしませんでした。 Excelには、libre calcが相当します。(math はwordの計算用とのこと) 参考: Writer(Wordに相当)、 Math(Wordの数式作成機能)、 Calc(Excelに相当)、 Base(Accessに相当)、 Impress(PowerPointに相当) Draw(Visioに相当) の6つ     他にも、office系のソフトでは libre Office base というものを使ってみたいのですが 何のデータを使うのか、目的がない状態だと使えない気がします。 (どこかでデータベースの基本を説明しているサイトを見た時には データベースのメニューは「学科」になっていましたけど。) 本当は目的は全く無い訳ではない(逆にあり過ぎるかもしれません)が、 やりだすと取り留めもなくなってしまいそうで 手が付けられない・・ (出来たら占いのデータ整理がしたいですが。とてもピッタリな気がします。) でも、できればもっと「お試し」的なこと・・。 そう、先ずは手軽に 「簡単に」試してみたいのです。 1~2時間で全てが終わるくらいなら良いのですが。。  

linuxのユーザー 一覧の意味

今回はlinuxのサーバーからログアウト出来ない!と、困って色々と おかしなことをやっていたみたいで・・ 「killall」と打って、パソコンそのものの強制終了してしまったりしていました・・。 なので、たくさん調べた事もこの記事の下書き(凄い長文)も せっかく見付けた分かりやすいサイト様のページも復活せず、 全てが水の泡になっていたのでした。。。 最初は、linuxで、ユーザー 一覧の意味も全くわからなかったので、 おかげさまで少し成長した気がします。事の発端は、ブログの下書きに cut -d: -f1 /etc/passwd ・・・  ユーザー一覧 ↑ というメモがあったのですが 意味が分からないので調べるというところから始まり、 ますます意味が分からない・・ので、調べながら覚書メモしていました。 ユーザー一覧の出し方 ↓ $ cut -d: -f1 /etc/passwd $ cat /etc/passwd ログインしているユーザーの調べ方 ↓ $ who $ w ↑ この中には、ウイルスソフトの名前とかも入っています。 ps -ef | grep pts/1 自分の名前が出てくるのですが、2018/12/4〜とか41daysとかあって 長い間ログインしっぱなしで、これは何か不味いのではないかと思い ログアウトする方法を探しました。 $ logout ↓ ログインシェルではありません: `exit’ を使用してください $ exit ↓ 端末のみが強制終了 ↓ あちこちで検索して色々と試すも $ w ・・で、まだ自分の名前が消えていない・・。 他にも↓ $ pkill gnome-session ↓ 反応無し ↓ $ ps -ef | grep pts/1 ↓ 〇〇〇〇  △△△△ 〇〇□ □〇〇・・・ 他にも・・ ↓ $ kill -9 △△△△ ↓ 無反応。 他にも・・ ↓ $ killall -u 〇〇〇〇 ↓ パソコンの強制終了 ↓ 再度、起動 ↓ 今ココ!です。 それをやってみて「w」で出てくるのは自分自身のことだったと やっと気が付きました!こんな人はいないかな。。 お疲れ様でした。 ・・ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。(また分り易くできればupしたいです。) 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやって

DraftSightの再アクティベーション

DraftSightを起動しようとしたら、 「再アクティベーション」というウィンドウが出てきました。 再アクティベーションしないと使えないみたいです。 検索かけて珍しいことでもなく何らかの不正な動きでもない様子だったので 取り敢えず一安心してから、以下のように入力してみました。。 電子メールアドレス   ↓ 電子メールアドレスを再入力   ↓ 業種(「other」にしました)   ↓ 国名(プルダウンメニューから選択)   ↓ タイトル(よく分かりませんが、「Draftsman」にしました)   ↓ 情報を送信されますと、 プライバシー ポリシー を読んだことを確認し、ここに Dassault Systemes SolidWorks Corporation および第三者がビジネス用途で個人データを処理することに同意したことになります。   ↓ にチェック   ↓ 「電子メールの環境設定」なるものがあり、 Dassault Systemes SolidWorks Corporation および第三者から、ビジネス用途で、次にしたがって、マーケティングや販売の通信を受け取ることに同意します。 プライバシー ポリシー   ↓ はい、いいえを選択 (第三者から、ビジネス用途・・が気になり、「いいえ」を選択したかったのですが、 ネット検索しても「いいえ」を選択したという情報はなかったので、「はい」にしました。 第三者とは、SOLIDWORKSなどのメールのことをさすのかも知れませんが。)   ↓ 再アクティベート   ↓ 即、完了しました(うちの場合) お疲れ様でした。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。 参考: 【DraftSight-30】再アクティベーションのウィンドウが出る。

oggをmp3に変換する方法について

ここは、特に知識があるわけでもない(よく分かっていない)人が 調べながら色々やったことの覚書するためのブログです。 前回、VLC Media Playerというアプリケーションソフトで メディア→変換→保存としたのですが (mp3に変換の方法を散々探して実行したもの) そこで終わったけど、mp3ファイルができている筈なので 確認するところから。 terminalから  ”sudo apt-get install lubuntu-restricted-extras”と、入力して、 Rhythmboxでmp3が再生できる・・ので やってみたが mp3ファイルが出てこない、音楽のファイルを探したが oggファイルが2つ出てきた。結局は変換出来ていなくて コピーしただけだった。・・? で、次は soxとlameというのがインストールしてコマンドに入力するだけで ファイルが変更できる方法がある様子なのでやってみたが、 入力したもの上から順番に、3回 ↓ sudo apt-get install sox lame sox favorite.ogg favorite.wav lame favorite.wav ↑のsoxのところ、favoriteでやっても変化ない為、 曲名のことなのかな(favoriteは例なのか)と思って、何度か sox 〇〇〇〇(曲名).ogg 〇〇〇〇.wav とかもして、半角スペースを詰めたり戻したりしてみましたが、 ダメでした。 (他にもフォルダ名でやってみたり。) 最後に解決方法(私の場合、です。あくまで。) sudo apt-get install soundconverter で、出来ました。これが一番簡単でした(超初心者の場合・・)。 ↑ メニューに「サウンド変換」と出ますので、間違いなく出来ます。 やり方は後でまとめたいと思います。 今日はもう疲れたので、一旦投稿します。。 GUIという、分かりやすいツールが出てきます。 コマンド入力(ターミナル内)はCUI。覚書。 Graphical User Interface、Character User Interface 参考: https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=19637 https://ameblo.jp/fd401601974/ent

jw-cadで画像を挿入したい

画像挿入の方法   左上メニューの「編集」  ↓ 画像編集  ↓ 画面の左上に「画像挿入」というボタンが表示されるのでクリック  ↓ 画像の選択画面が出る  ↓ 画像を選んで「開く」をクリックする  ↓ ・・で、通常はOKなのですが、私の場合・・ 2017年にjw-cadの新しいバージョンが出ていたみたいなので折角なので そちらをダウンロードしていたので何か足りなかったみたいで 「bitmap」形式の画像しか選択できない様になってしまっていました。。。 上記の事をやって、画像を色々とトレースしてみたかったんですが・・ 画像の貼り付け用の操作方法をいろいろと調べたり弄ったりするうち、 bitmap という形式しか使えなくなっていた事に気付いたので、そのことで検索すると 他のjpegとかの画像ファイルを読み込むためには プラグインをダウンロードしなくてはならなかったということでした。 そのためのプラグイン(色々なファイル形式の画像を読み込める)は、 Susieのだうんろーど というサイト様からダウンロード出来ます。 以下の Plug-in package ver0.08 (JPEG/GIF/TIFF/Pi/PIC/Pic2/XLD4/MAG/PICT/ LHA/Zip) というリンクをクリックするとダウンロードは直ぐに始まります。   ↓ (解凍ソフト(Lhasaなど)がなかった場合、同じページから ダウンロードすることが出来ます。)   ↓ DLしたプラグイン、ファイル名「spi32008.lzh」 (解凍ソフトにより解凍後のもの)を「jww」フォルダに入れます。   ↓ (解凍後のフォルダ名「spi32008」の中に入っている 「〇〇.spi」というファイルのみを入れます。)   ↓ これで、jpegもgifも、読み込めるようになりました。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。 参考: JWCADの画像挿入はbitmap形式に対応していますが、プラグインを用いることでjpg画像を挿入することができます。その方法を簡単にご紹介します。 情報源: 参考サイト:参考サイトはリンク切れのため削除しています。

JW レイヤ 消えた 反転表示 戻す 方法

タイトルは検索していた時の「検索語」です。 JW-cadで作図していて、レイヤを確認していたら 今まで作成していた図の一部が急に消えた事があります。 それはいろいろ調べた結果、消えたのではなく 反転表示となっていたということが判明。   それが分かるまではレイヤの番号を1つ1つ見たり、全表示にしてみたり レイヤを色々と触って探していると、○や×を触った瞬間に元の図が見え隠れし、 画面の左上に「レイヤ反転表示中」という文字が表示されたのでした。 レイヤの番号ボタンの下や端っこに「○」や「×」のマークのボタンがあります。 ○をクリックすると×の記号メニューは全て消え(もう一度クリックすると元に戻り) ×をクリックすると反転表示となることが分かりました。 しかし、元へ戻す方法が分からない・・ 早速その、反転表示を元に戻す方法をネット検索しました・・ 文字編集も少し関係があるということらしいです。 私の場合は結局、あれこれ触っていつの間にか治ってしまいましたが 以下の方法で反転表示は解除される模様です。   「Ctrl」キーを押しながら、×の付いたレイヤボタンをクリックすると プロテクト解除出来ます。   お疲れ様でした。ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。     参考: http://www.jwcad.net/log/consult2/consult2-0604-06/thread11212.htm

linuxで windowsのファイル をダウンロードできる

最近、古いwindowsマシンを「使わないから」と言って戴いたのですが、 その人はPCによるウイルスを異常に恐れていて、 自分のデータが何か少しでも残っているかも知れないと言って 「ネットには絶対に繋がないで」という条件付き。 私がその古いwindowsを使う用途は、jw-cadとか windowsでしか使えないソフトを使いたいためなので、 ネットに繋ぐ必要はないなと思っていたので、その条件を快諾したけれど たまに、ネットに繋がないと解決できそうにない、困ったことが起こります。 でも、繋がないと約束したのだから・・linux でダウンロードして USBでコピーしてみるか・・と、やってみると 普通に出来たので 以来、何か必要なソフトはLinux(mint)でダウンロードします。 その方法で上手くいかなかったことは今のところありません。 今日もたまに、jw-cadのプラグイン、解凍ソフトをダウンロードし windows上で解凍して使えました。 今度は、Linuxでwindowsのソフト(圧縮したもの)をダウンロードした後、 そのままlinux上でで解凍ができるか、試してみたい気持ちに駆られています。。 linuxで、windows 用のファイルをダウンロードできるということが 多くの方にとっては「常識」なのかも知れませんが・・ ネットで検索しても出てこないみたいなので、投稿します。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。

JW−CADでメニューがバラバラになってしまう

jw-cadで、ツールバーのメニュー位置が滅茶苦茶になって困っていたので覚書します。 カスタマイズする方法もあったので、後ほどご紹介しますが、先ずは バラバラになった配置を元に戻す方法です。   ↓ メニューバー   ↓ 表示   ↓ ツールバー   ↓ 初期状態に戻す   ↓ OK   で、元に戻ります。 カスタマイズは、メニューを直にドラッグして移動させる事が出来ます。 又は、上記の「ツールバー」メニューより 表示するものを選択しておくということが出来ます。。 メニューの配置をそのままの状態で次回も使用可能にするためには 「ウィンドウを最大化して終了する」のがよく言われています。 固定する方法がなかなかみつからないのですが、 以下のような方法が有効になるかと思われます。 準備 ・最大化ではなく通常のウインドウにして、 ・ウインドウを出来るだけ大きく設定します。 ・ツールバーの配置を決めます。 ・一旦jwwを終了する。(この時に設定状態がレジストリに記録される) 以上の準備により「最大化」←→「通常ウインドウ」の切替でのツール バー再配置を回避できます。 又は、 ・jwwを最大化の画面で終了させる ・Jw_cad起動アイコン上で「右クリック」→「プロパティ」 ・ショートカットタブの「実行時の大きさ」を「通常のウインドウ」に変更→「適用」→「OK」 参考: JWCADでツールバーの配置がおかしくなった時の対処法を解説。手作業で直す必要はありません。一発で初期状態に戻す方法をご紹介します。 情報源: JWCADでツールバーの配置を直す方法 JWW専用掲示板 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014235075 「JW-CAD」ファイルを開くたびにツールバーの設定が滅茶苦茶になって表… – Yahoo!知恵袋

jw-cad は,CかDのどちらで使うと良いのか

今回はLinuxとはあまり関係のない、JW-CADのお話です。 他にいい場所がなかったので・・すみません。自分自身の覚書です。 jw-cadの最初の設定,CかDのドライブはどちらが良いか・・です。 貰い物のPC(windows)ですが、Cは容量がないに等しいのですが、 Dは粗空っぽ(200GBくらいある)・・という状態だったので、 Dへ色々と移動させることに。取り敢えず、写真や音楽を移しました。 Cの容量に少し空きが出来ました。。 そこで、今まで気にせずいたのですが、jw−cadって、Dで保存しても良かったのか 分からなかったので調べました。その覚書です・・。 検索かけてあちこち見ているうちに Photoshop といった巨大ファイルを扱うようなアプリケーションの場合、C にアプリケーションをインストールして D にスクラッチディスク(作業領域)を設定した方がパフォーマンスが向上します。 という部分を読んでとても気になったのですが、 jwwの「作業領域」だけを移すってことは出来るのだろうかと。 また暫く検索かけてあちこち読んでいるうちに以下のように 「外部変形プログラム」を使用する際など同じドライブのほうが良い様です。 JW_CADの場合ですが、デフォルトの「Proglam Files」ではなく、Cドライブ(またはそれ以外のドライブ)のすぐしたにフォルダを作成して、そこにインストールした方がよいです。外部変形プログラムやSXFへの変換機能を離礁するためには、フォルダ名称で間にスペースのあるとうまくいかない場合があるからです。 今回は引用が多いですが、そのおかげで何か少しでも参考になれば幸いです。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 このシリーズ(jw−cad)続きますので、 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。 参考: https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_vista-hardware/%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC/9ea68bc0-5fc0-4eec-a67c-1fe0caf26f40 アプリケーションを D ドライブにインストールしても正常に稼働しますか? – マイクロソフト コミュニティ ht

Linuxのメモリについて

粗1年位前に今使っているPCをwindowsからLinuxへ入れ替えたのですが、 まだまだ色々と分かっていません。。 メモリについても、よくわからないのでおそるおそるDLしたり 画像のソフトも大丈夫かなと気にしながら使っている感じです。 「# free」で見たり、 「# echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches 」やってみたりしていますが あまり変わりなく・・。 ソフトを使ったり、大したことをしていなくてもusedがやたらと大きいので、 なんか不要なメモリを使いすぎている気がして・・。 ウイルスソフトが2つ入っているので、そのせいかな〜とか。 自分なりに調べたことを わからないながらに まとめていこうと思います。 (後でまた同じことに悩みそうなので・・) Linuxはメモリが空いている限り全てページキャッシュに回そうとする。 だそうなので、ちょっと安心しました。 更に、 「# sudo /sbin/sysctl -w vm.drop_caches=3」というのをやると usedが減り、freeがかなり増えていました。 分からないながらに凄く参考になったサイト様があったので、調べてみてよかったです。 ・・ってなんだか、小学生の作文みたいですが・・。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。 参考:銀色うつ時間 情報源: Linux におけるメモリの解放(vm.drop_caches) ( ・∀・)ジサクジエン – POOH.GR.JP OSSでLinuxサーバ構築/メモリの使用量確認