スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2019の投稿を表示しています

Linuxで、ゴミ箱がない!

こんばんは。 すっかり昼夜逆転して夜中ですが。 そして、いつまで経っても ちゃんとマスター出来ていない ライナックス(リナックスっていうんですね)mint についてですが‥。 今回、気になったことは、 時々なぜか、ゴミ箱がなくなっていたり ひょっこり出てきたりしている 気がするので、ゴミ箱の出し方を 探してみました。 やり方 ↓ メニュー ↓ 設定 ↓ デスクトップ ↓ デスクトップアイコン ↓ ゴミ箱 ON    ↑ これだけで‥、オッケーです‥。 簡単だったので‥記事にするほどのものではないかと思われますが 念の為に覚書をしています。 自分はどうも昔から・・(常日頃から)、忘れっぽいので 同じことを調べたりすることが多いので‥ 自分のブログで記事一覧から検察して 出てきたりすることが多々あり、 それすらも数年ぶりだと すっかり忘れていたりします。 (数ヶ月でも、忘れるときは忘れてますが) この忘れっぽさがアルツハイマーとか認知症とか 関係ないか気になりだした・・今日このごろ。 以前より運営していたブログでlinuxに関する記事がポツポツ増えてきていたため、 リナックスの事だけのblogとして このサイトを作った時の記事です。 linux記事を順次移行しようと思っていて、これも忘れていましたー。 ‥と、ここまで読んでいただきありがとうございます。 なにか少しでも参考になれば幸いです。 また気が向いたらのぞいてやってくださいませ。 よろしくお願いいたします。

DraftSightの期限切れ・アンインストール

3DS.comとかいうアドレスから メールがちょくちょく届いていたのですが、当のソフトを使う暇もなく ずーーっと無視していたため、 有償版になりアップロードができなくなっている・・と 随分後になってから気づきました。。。 ダッソーシステムズ「重要なお知らせ」より、 無償版 DraftSight は、バージョンを問わず、 2019 年 12 月 31 日をもって使用不可能になります ・・と、いうことです。 有償版は一括で購入できず、12ヶ月契約とかになるみたいです。 慌てて、アップデートのメッセージを見てダウンロードしてしまい、   ↓ ダウンロード後   ↓ Gdebiパッケージインストーラーなるもので   ↓ インストール   ↓ スタートメニューからのアイコンをクリック   ↓ 同じメッセージがでました。。   ↓ 「警告:このDraftSight BETAバージョンは期限切れです。Draftsightの使用を継続するには、 バージョン アップデートが必要になります。ここをクリックをして 新しいバージョン/リリースをダウンロードして下さい。新リリースとシステム要件については、 製品ページまたは Draftsight Community のFAQ,リリースノートをご覧下さい。」   ↓   OK   ↓ 「この製品はライセンスされていないか、期限切れです。」 よくよく見ると、SP2(Download DraftSight 2019 SP2 Now:) と書いてあるので、 有償版のアップデートのことだったのかと・・。 うちの無償版はもう関係がない話のようです。 重たいので、アンインストールすることにしました。。 メニュー → グラフィックス → DraftSight → 右クリック → アンインストール → パスワード ・・で、できている筈。。。 →が、出来なかったので、他の方法を探しました。。 調べた結果、ubuntuソフトウェアセンターから出来る様子。 ・・が、メニューからubuntuソフトウェアセンターが開かない   ↓ 「ソフトウェアの管理」というメニューがあったので、それをクリック   ↓ draftsightを検索   ↓ 出てきたタイトルをクリック   ↓ 右端に「削除」というボタンが現れるので、それを押す   ↓ 出てきたダイアログボックスに roo