スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

Linuxで、フォントを変えたい(メイリオが使いたい)

Linux Mintのデフォルトの日本語用フォントは、 Libre Office(writer)などでフォントの選択画面を見たところ・・、以下の通り ・Takaoゴシック ・Takao明朝 ・TakaoPゴシック ・TakaoP明朝 ・TakaoEXゴシック ・TakaoEXMINCHO ・I PAP明朝 ・I PA明朝 くらいしか、種類がありませんでした。日本語さみしい・・。   会社などではいつもメイリオ(Meiryo)を使っていて気に入っているので、どうしても使いたかったのですが・・ ライセンスの問題とかあるみたいで・・どうも無理な様でした。。 (おそらくできる人は出来るのです、ライセンス問題を気にしなければ。)   個人で使う分には(自己責任で)windowsからファイルをコピーして使う方法があるとのこと。 時間があるとき(そして勇気のある時に)にやってみたいです。   メイリオにこだわらなければ、linuxで使えるフリーフォントなるものも存在する様です。 これも、時間があれば・・(以下略。)     ついでですが、wordpressの5.4.2というバージョンが 記事の編集の時にブロック表示になっていますが・・これは、改行する度にチカチカと編集画面が切り替わって どうも使いづらかったのですが、他のバージョンの編集画面からコピーしてきて長文を貼り付けると、その長文の部分は以前のバージョンのように、改行などもブロックにならずに編集できました。 文章の全体が見渡せるので、コッチ(古い編集画面)のほうが良いと思います。そして、気付けば、左下の表示は「文書 → クラシック」になっています。 話は逸れましたが・・フォントの件、 以下のサイト様が参考になりました。ありがとうございます。   ちなみに、この編集画面は明朝体のフォントです。この編集画面のフォントも選べたら嬉しいんですけど・・これもまた時間が(以下略)調べたいと思います。以下のリンク先で良さそうなフォントいっぱいあったので、いつか見るため忘れないように覚書メモしています。   ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。   よろしくお願い致します。   参考: メイリオフォントのライセンスに関して(Windows以