スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

jw-cadがC:の直下に入っている場合

jwfというファイルを保存しようとしていて、以下のようなメッセージが出たので、原因について少し分かったことがありました。「アクセス許可」取得の問題で、「管理者」としてインストールすれば良かったのかもです。 C:¥〇〇〇〇.JWF この場所に保存するアクセス許可がありません。管理者に連絡してアクセス許可を取得してください。 代わりに(〇〇〇〇(ユーザー名))フォルダに保存しますか? 上記の件、これから時間ある時に調べますので・・よかったらまた見に来てやってくださいませ。 今回、まだ解決していないので参考にならないかもしれませんが・・。それでもよかったら、以下もついでに読んでやって下さいませ。 事の発端は・・たしか、最初からパソコンに入っていた(もしくは、ダウンロードをした)jw−cadではなく、USBメモリから起動したりしていたせいか、以下のことがありました。 C:の中には何故か。。。jwwというフォルダがなく jwwの中身の全てのファイルやフォルダが C:に直接バラバラに入っていることが判明しました。 なので、「jww」という空のフォルダを新しく作り、その中にそれらを全部入れてみました。 Dドライブには古いバージョンのjwwがあったので、それを見本にして中身を確認しながら行いました。 ・・が、「インストーラー」というものは何故かサイズが違うので 「?」と思い、後回しにしてしまいました。 そして何か別のことをしていて、またこの作業に戻ってきて 試しにJW−CADを起動アイコンを何気なく押してみると 「windowsにjw-cadを設定しています」みたいなメッセージが表示されて (インストーラーが動いてしまった様子です) C:の下には先ほど移動させたりして作った「jww」というフォルダに一式が入ってもいますが C:の直下にも「jww」の中身一式がまたバラバラ状態で復活してしまっていました。 直下の中身一式を苦労して「jww」フォルダに入れたので また同じような作業をする気にはなれず、そのまま置いています。 (移動や削除の度に「管理者権限です」という確認が出てくるので、かなり手間に思えます。繰り返しになるのも目に見えてきたので・・) 他にも、フォルダを移動させた直後は ある特定のファイルを開こうとすると以下のようにエラーが出て 「JW_WIN MFC アプリケーションは動

Linux、不要ソフトが削除できない・・

 このサイトの投稿は、Linux初心者からのLinux初心者様に宛てて送りたい情報です。 詳しい人に読まれてしまうと少しはずかしい感じですが、 分からない目線が逆に分り易い場合もあるので、覚書して置いておきたいと思います。  いままでコマンドで苦労してインストールしていましたが・・ 以下のことを発見してしまいました。 Synapticパッケージマネージャの他に、 Ubuntuソフトウェアセンターがあるはずですが・・ うちのPCには入っていなかったのか、動くためのなにかを消してしまったみたいです。 (ココ数日で、gutenprintを大量に削除してしまい、何かをインストールするときに 「gutenprintがありませんが、ないものとします」っていう言葉がでてきていたので、消した可能性が強いです。)  その代わり、「ソフトウェアの管理」というものがあるのを発見しました。 こんな楽な方法があったとは・・。 でも、見つけて良かったです。早速、活用の記録をしていきます。 先ず、全然使っていないので、bluetoothはそこで削除。 ・・が、その前にパッケージマネージャで開いて同じ名前を探して プロパティを見てみると 「依存」とかいうタブがありました。 そこで、「提供されているパッケージ」を見て、含まれていなかったら良いのかも知れません。 そこで、「gutenprint」の失敗で学んだ私は 「依存 削除 linux 」などで検索して、以下の方法に辿り着きました。   ↓ rpmコマンドを利用すれば、RPMパッケージのインストール/削除が可能かどうかをあらかじめ調べることができる。   ↓ 依存で出てくるものを 1個1個入力して調べましたが・・。 これまた気の遠くなる作業でもあります(途中で諦めました)。  あと、この大量に入っているプリンタードライバ群が「パッケージ」?これらを全部一部分ずつ使って今のプリンターで印刷できているのかと思うと、また気が遠くなりました。  でも、できたらこれら(今、パソコンに入っている大量のプリンタードライバ群=パッケージ?)を全部を消し去ってしまって、 canonのドライバを1つだけにしたいんですけど・・ その方がシンプルでメモリ消費も少ない?動作も良くなりそうです。それにしても・・たくさん入り過ぎではないでしょうか。。  確かに、プリンタのドライ

印刷のたびに、「TASK INFORMATION」、いらないので、止める 方法(未解決)

 表題の件、まだ解決していない話です。こんな事例を見たことがなく、記事にする価値があるのかも分からないのですが・・先にお断りしておきます、すみません・・。(この記事は下書きから2年経っていますが、全く進展していません。)しかし、ここ2年ほどの間は問題が起こらなくなっていたのでした。。 なので、すっかり安心していたのに・・またひょっこりと出てくるようになったのです。こうなってくると、意味が分かりません。これは人間や動物だったら単にきまぐれなだけで済みますが・・。  一体何が出てくるようになったか・・というと、「TASK INFORMATION」とかいう、Linux(プリンター)側の管理記録のような紙(※1)なのですが、それが印刷をする度に最初の1枚目にでてきてしまうのです。。。会社用コピー機などでは、FAX送信エラー一覧みたいなものが出てきますが、そんな感じなので・・毎回は必要ないっていう感じのものです。  「度に」とは言うものの、毎回「必ず」出るわけでもなく・・今回、写真印刷用の用紙を入れて、全面にtask informationが印刷されてしまい、写真用の高級プラチナ印刷フォトペーパー(光沢付きゴールド)(←ここまで長い名前ではなかった気がしますが、そんな感じの名称でした笑笑)が無駄になってしまっています。こんな意図しない時に問題が出てきてしまい、非常に悔しいような残念な感じです。 ※1・・「task、taskname、user、printer name、printer information、task creation time、task Printing time、source host、font for banner page、font size for banner、task’s UUID、Driver、Driver version、printer manufacturer、SeLinux user、MLS Level、SeLinux domain」・・という項目がズラーッとA4用紙一面に印刷されているものです。繰り返しますが、毎回は必要のないものですし、インク・コピー用紙が非常に勿体無いです。上記の項目をコピペして検索すると、見事に英語のサイトしかでてきませんでした。分からないので見ていません。ユーザー名とか、パソコンの内部の情報なので、無下に捨てるわけ

sophosのアップデート成功しました! / アイコンがデスクトップ に?

ここのサイトは、Linux初心者がLinux初心者の人に向けて行っている、「役に立つかも知れない」覚書メモのブログです。 やっと、sophosアンチウイルスソフトの「ウイルス定義」のアップデートができました。 嬉しいので、取り敢えずupします。(いつか、分かりやすくまとめたいと思いますが・・。) 私の場合、ですが「対話型環境設定」なるもので引っかかっていました。。 解決方法は以下の通り。 # sudo /opt/sophos-av/bin/savsetup ↓ 2(設問の選択・・殆どの方の場合、2のソフォスで良いかと。) ↓ username=〇〇〇〇〇〇〇〇(以下の引用を確認) ↓ password=〇〇〇〇〇〇〇〇(以下の引用を確認) <blockquote>   「アクティベート用のIDとパスワードは登録時のメールにあるLicense_Schedule-[InvoiceNumber].pdfというファイルに添付されてくる」 または、 「 https://amicreds.sophosupd.com/freelinux/creds.dat 」の情報</blockquote> ↓ N(設問の選択・・殆ど方の場合、これ(N)で良いかと。) ↓ Q(設問の選択・・設定を終わる場合。セカンダリも設定する場合は、 4で上の項目を繰り返してください。) ↓ # sudo /opt/sophos-av/bin/savupdate  (やっと、アップデートできます!) ↑ 無反応な時間が長くかかっているのですが、待つべしです。 終わったら、忘れずに ↓ # sudo savscan /home  (上記により、最新データでのスキャンです!) お疲れ様でした。 以上、私と同じようにLinuxで悪戦苦闘していて、sophosのアップデートができなくて困っている人がいるかと思うので、取り急ぎの「拡散」です。以下のサイト様が非常に参考になりました。ありがとうございました。 インストールからの一式のことが分かります。↓ メモリ消費の多いClam AntiVirusの代替としてSophos Anti-Virus for Linuxを使う方法  https://oxynotes.com/?p=12586 アップデートが終わり、無事にスキャンも出来ました。(ほんとに結構

LibreOffice で、用紙の「たて・よこ」の変更

Libreのオフィスでの操作方法を覚書しています。Linux Mint18~19の方向けだと思います。 同じ様なことで困っている人のために覚書メモとして残しておきたいと思います。 尚、私が使ったことがあり、操作のわかったもののみとしていますが・・(データベースBase・数式エディタMathは触らないので割愛)宜しければ参考になさってくださいませ。 目次 1: Libre Office Draw 2: Libre Office Writer 3: Libre Office Impress 4: Libre Office Calc 5: 参考サイト:  前のバージョンになりますが、当時は ネット検索で調べた方法とは少しだけ違ったりしましたので・・ バージョンの問題もあったのかも知れませんが、アプリケーションソフトの些細な表記の違いで気付かずに探しまわって時間がかかってしまうことがありました。(DrawとWriterでは方法が違うので驚きました) 1: Libre Office Draw ・ Libre Office Drawの場合ですが、 書式 ↓ ページ 設定 ↓ 印刷の向き ↓ 印刷したい方向(縦か横)をクリック 2: Libre Office Writer 以下は、参考サイト様の引用です。こちらが多くの方に当て嵌まるかもしれません。↓ <blockquote> 書式 → ページ を選択します。 ページ タブをクリックします。 用紙サイズの下の「縦」か「横」を選択します。 OK をクリックします。 </blockquote>   3: Libre Office Impress Libre Office Impressの場合ですが、ちょっと違っています。 スライド ↓ ページ/スライドのプロパティ  ↓ ページ設定 ↓ 縦か横を選択 4: Libre Office Calc 書式 → ページ を選択します。 ページ タブをクリックします。 用紙サイズの下の「縦」か「横」を選択します。 OK をクリックします。 5: 参考サイト: ページの方向を変更する (縦長または横長) https://help.libreoffice.org/3.3/Writer/Changing_Page_O

Linuxのフリーズ対処法

 Linuxですが、よくフリーズしてしまうので・・いつもながら凄く困っています。そのため、対処方法を何度も(繰り返し)調べていたし 折角なので覚書メモを残しておきます。応急処置的なショートカットキー色々です。PCが固まった時にスマホで検索して紙にメモして使っていたので、出典元などが不明です。かなり多数のサイト様にお世話になっております。この場を借りて、御礼申し上げます。。。 目次 1:Alt + Tab  2:Ctrl + W 、または、 Ctrl+F4 3:Alt +F2(ホーム) 4:Shift +Ctrl + ESC 5: Ctrl+C , Ctrl +d 1: Alt + Tab Alt + Tab ・・これが一番、無難です。  私の場合ですが、しばらく押し続けるとマウスが動いたりするので、そうなればしめたもの。重たそうなアプリケーションソフトなどで今すぐに使わないものを「x」で、閉じていきます。そしたら、だんだん軽くなり復活できます。 ・ ・ 2: Ctrl + W 、または、 Ctrl+F4 Ctrl + W の場合・・まだ、私が使ったところではこのキーで動いたことはなくて活躍していないので何とも言えないのですが・・、Ctrl+F4と共に「ウィンドウを閉じる」というキーボード・ショートカットになるようです。 ・ 3: Alt +F2(ホーム) 、Alt+F4 Alt +F2 、これを長押ししていると、開いているメニューの選択できる画面の様にプレビューアイコンみたいになるので、不要なものから閉じますと復活できます。・・ Alt+F4・・アプリケーションの終了です。私はこちらでは動いたことがありません。 4: Shift +Ctrl + ESC 、Ctrl+Alt+Del Shift +Ctrl + ESC・・タスクマネージャを開く(NT系列のみ)です。 ・ Ctrl+Alt+Del・・こちらは、強制終了です。最終手段です(アプリケーションソフトの全てが終了しますので、作業途中の内容を保存できていない場合はオススメできません・・)。 ・ ・ ・ 5: Ctrl+C , Ctrl +d・・?? Ctrl+C ・・コピー,? Ctrl +d・・お気に入りに追加・・? ・ ちょっと意味不明ですが、メモがしてあったので意味があるかもしれません(ないかも知れません)

Linuxで、辞書ツールに単語登録できました

 Linuxのキーボードが日本語にできたっていう状態から、次のステップとして・・今度は、キーボードを2つくらい叩くとサッと単語が出てくるようにしたくなりました。windowsのごとく普通に「辞書ツール」を使って何度か登録してみましたが、今までは出来ていませんでした。  ・・が、今回は普通にオレンジの「あ」マークのアイコン  ↓ 辞書ツール  ↓ よみ方、表示したい単語 の登録  ↓ で、直ぐには反映されていなかったのですが・・ 2〜3分後にヒョコッと出てきました。。登録した単語が。  これ、2〜3分(あるいは5分とかかかるかも)待つのがキモだったかも知れません。今まで出来なかったのは、待っていなかったからだったかと。  すごく簡単に解決出来てホッとしました。私と同じように「登録できない、なんで?」っていう人のために、覚書メモを投稿します。  かくいう私は・・いろいろ調べていると、コマンド(端末というのか、あの黒い画面の記号を打っていくアレです。)が必要になりそうな説明が多くて「これは、かなり時間がかかるかも知れない。2〜3日潰れる覚悟で挑まなくては!」と思っていたのでした。  画像付きで説明をつけたものを後日アップしたいと思います。 また良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 お時間のある方や気になった方からコメントなどいただけると嬉しいです。 (返事は遅いかもですが・・。今後は毎日チェックする予定です。) よろしくお願い致します。

linuxとcanonのプリンタで真っ黒(反転印刷)。 設定の方法

最初に断っておきますが、私はほぼ初心者であるlinuxのPCで困ったことです。 最初のテスト印刷(本体の指示通りの手順で)は、普通に印刷できたのに 文書の印刷をしようとすると、真っ黒に。文字が白抜きという状態で ページ全体が白黒反転して印刷されました。 因みに、印刷した文書とは「給料明細」だったのですが、 数字のみ白で、後は真っ黒・・。金額と項目は分かるのですが これではインクが勿体無い・・とか、インクで儲けるため?などと考えつつ 「白黒反転、プリンター、linux、canon」などで検索して解決しました。 画像をスキャンしてつくられた pdf ファイルを印刷するときに、この問題が起こることがあるようです。 とりあえず、「印刷」画面下の「詳細設定」を開き、「画像として印刷する」にチェックを入れると 正常に印刷されました。   ↑ 凄い。こういう方が近くにいると、何でも解決されそうです。 因みに、私のパソコンでは、「印刷」ですぐに出てくる画面   ↓ 「print as image 」に、チェックを入れる   ↓ で、OKの筈でした。。が、真っ黒のまま。 その後、思いたち パソコン本体のメニューより、   ↓ システム管理   ↓ プリンター設定   ↓ 該当のプリンターのプロパティ   ↓ プリンターオプション   ↓ color mode    ↓ grayscale を、→ color・default   ↓ で、印刷すると「テストパターン」が普通に印刷できました。 しかし、これって、白黒の文書印刷でもカラーインクを使うってこと? でしょうか・・。まあ印刷できないよりかは良いけど。 ブラウザからwebページなどの印刷をする場合は、 プリンターの詳細設定   ↓ 拡張   ↓ grayscale を、→ color・default   ↓ で、普通の印刷が出来ました! ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。 参考: Ubuntu日本語フォーラム / Adobe Reader 9.2で印刷する際に一部の色が反転する https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=6264

エラー覚書:unar・・解凍ソフト

今回の記事は、作業をしながら記録を残すためにブログにアップしたものです。 作業している間は何となく掴んでいるのですが、度々、何をしたのか分からなくなってしまい・・ 後で読み返しても、何のことかサッパリ分からなくなっています。 そんな人の覚書メモですが、参考になりそうな方は読んでやってくださいませ。。 元々の目的は、A3の用紙を分割して印刷したかったので、 posteRazorというアプリのインストールがしたかったのですが・・ 以下のようなエラーが出て出来ませんでした。 ↓ E: パッケージ  zoomを再インストールする必要がありますが、 そのためのアーカイブを見つけることができませんでした。 ↓ 同じようなことが数回あり、解決しないと何もインストールできないという状態。 ↓ # apt install zoom パッケージリストを読み込んでいます… 完了 依存関係ツリーを作成しています 状態情報を読み取っています… 完了 E: パッケージ zoom を再インストールする必要がありますが、そのためのアーカイブを見つけることができませんでした。 ↓ 原因究明のために ↓ # dpkg -l (インストールの状態がズラーッと出てくる) ↓ iHR zoom 3.5.392530.0 amd64 (説明 (description) がありません) ↓ 要望=(U)不明/(I)インストール/(R)削除/(P)完全削除/(H)保持 | 状態=(N)無/(I)インストール済/(C)設定/(U)展開/(F)設定失敗/(H)半インストール/(W)トリガ待ち/(T)トリガ保留 |/ エラー?=(空欄)無/(R)要再インストール (状態,エラーの大文字=異常) ||/ 名前 バージョン アーキテクチ 説明 ↓ iHR zoom なので、(I)インストール済/(H)保持(R)要再インストール ↓ # dpkg -s package dpkg-query: パッケージ ‘package’ はまだインストールされておらず情報の利用は不可能です アーカイブファイルを調べるためには dpkg –info (= dpkg-deb –info) を、 その内容一覧を表示するには dpkg –contents (= dpkg-deb

draftsightでトレースするとき(画像の貼り付け編)

引越しにより、リライト中です。 この記事は2年ほど前(2018年7月)のものなので、 draftsightが、まだ無償で配布されていたのでした。 やっとインストールできて、嬉しくてトレースしていました。 今のソフトで参考になるか分かりませんが・・よかったら読んでやって下さいませ。 今回は、画像の貼り付けで悩んだことの解決法になります。 網羅はしていません。。 自分の中では先ずトレースをやってみたかったので、 画像をup (挿入 ↓ イメージ参照より取り込み)し、貼り付けて さあ、上からなぞって描いてみようとしたら、出来ない。 何故か、画像の上に線の始点(起点)が出てこないで 画像の裏辺りから線が出てきている。。 ↓ ツール ↓ 表示順序 ↓ 背面へ移動 など、色々やってみたけど全然ダメだったのですが。(通常は上記でいける様です。) 一応、解決法は、ありました。 理屈はよく分からずやったことですが、以下が方法です(偶然のような・・)。 図面作成用の黒い画面の下に、矢印などの書かれたアイコンが並んでいて、 スナップ・グリッド・Eスナップなどとあり、そのへんのボタンを弄ると 何故か画像の上から描けるようになりました。 よく調べていませんが、起点とか関係あるものがあったんでしょうか。 私が「練習用に良いかも」と、考えたのは 日本地図のトレース・・ということで、改めて地図の範囲を確認したくなり、 日本という国は、一体どこからどこまでなのか・・と気になって検索かけました。 (結局のところ、ウィキで落ち着きましたが) ついでに、世界地図にしてしまうか・・と思ったのですが、 その瞬間、何かの手違いでトレースするための画像を消してしまいました。 その後、同じ画像を再度取り込み、書きかけの地図に合わせてみるも なかなか、画像と重ねることが難しく(透過すればまだ良いのかもですが その方法を探す手間もその操作を想像するだけでもしんどかったため) それに、あまりにもズレてばかりいたので 手書きで追加しました。(四国、北方領土などがそうです。) 上記で難儀しましたので、トレースの際に、画像の固定方法を探しています。 トレースしたい画像の下から線が出てきてしまう場合・・ですが、 参考になりましたでしょうか。。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 少しでも参考になれば幸いです。 良かったら

引っ越ししました。

このサイトは、引っ越してきました。 リダイレクトでこちらに 飛ばされてきた方、突然で申し訳ないです。  お手数をおかけしますが、右上の サイト内検索 の バーで、再度同じことばを検索してみて下さいませ。  引越の際に、記事をリライトしていこうと思いますが、以前のサイトを見て来てくださった方のために、書き直すのではなくて追加筆記をしていき、もしも新しく変化した情報や間違った部分があればそこには訂正線を引くことにいたします。  引越しを機に、今後はコメントのチェックもしていきますので、お気軽にコメントなど下さいませ。お返事はチェックを忘れていたら、おそくなる(2〜3ヶ月後の場合あり)かもしれませんが・・。非常に喜んでおります。  こんなところを読んでいただいてありがとうございます。  このサイトにたどり着くまで調べられていた内容に対して、何か少しでもヒントになったりお役に立てば幸いです。また遊びに来ていただけると嬉しいです。  気長によろしくお願い致します。