スキップしてメイン コンテンツに移動

間取り図で、ST・アルコーブ(alcove)などの用語

 先に、STについて。

これは、測量計算の「ST測量」などという言葉も出てきて、

余計に分かりにくかったのですが、 Storage(ストレージ)でした。

略し方も、不動産会社によって違うのかもですが、

通常は「STO」と表記される場合が多そうです。

(実際に、stで検索するも、

stoが出てきたおかげで気付くことができました!)


 

次に、alcoveについて。最近、改めて「alcove」で検索すると

複数のサイトが出てくるようになっていました。

 

・ 部屋や壁の一部にもうけられた小室

・ 部屋や廊下など、壁面の一部を後退させてつくったくぼみ状の部分 

・ 玄関や廊下などの壁を凹型にくぼませた、ゆとりを演出する空間のこと。

 

以下、以前の記事ですが(半年~1年前程度)参考に残します。

 

アルコーブ(alcove)とは、マンションでの玄関前のスペース(玄関ポーチ?)をそう呼んでいるみたいでした。(書類・図面にそう書かれてある印刷の精度が悪いのか、アルコープとしか読めないので最初は「プ」で調べていました)なので、今まで「玄関ポーチ」と呼ばれていた部分の呼び名を今風にするため横文字へ変えただけ?
みたいなことだと思いましたが‥
念の為に調べたので、覚書メモします。

まずは、英語のスペル表記が分からないので「英語、アルコーブ、アルコープ」などで
検索してましたが‥全然出てきませんでした。
建築用語の詳しいサイトなどで「アルコープ、アルコーブ」を調べても、検索ページの1ページ目はカタカナばっかりでした。

alcoveは、英語翻訳で出しました。
(google翻訳で、カタカナで入力して日本語「アルコーブ」→英語に変換すると、英語「alcove」が出てきました)。

意味は、床の間、床、東屋とか、
又は、奥まった小部屋(weblio英和和英辞書より)、

「 洋式建築物で、部屋・廊下・ホールなどの壁面の一部をくぼませて造った小部屋。寝室・書斎・書庫に使われる。」

部屋や壁の一部にもうけられた小室、壁のくぼみ、
その他には、廊下や共用部分などともあります。

このalcoveという英単語ですが‥
仕事の書類に使いましたが、「alcove」で提出しても何も言われなかったので‥

(仕事先がとても忙しそうで聞きにくい感じなので、一旦見てもらった方が早くて良いのです。)

 玄関ポーチとしてのアルコーブであり、そのスペルがalcoveということで、

間違いではない様でした。

日本版wikiで「アルコーブ」とは、ロックバンドのL’Arc~en~Cielのメンバー(ドラマー)のソロプロジェクト・・とありますが、それはここで言っている事とは全然違う意味の話かと思ったのですが、上記の翻訳の意味の中では「奥まった小部屋」っていう意味がそれっぽいかも知れません。

 

alcoveについて、webで調べていたところ英語版のウィキペディアでやっと見つかり、「section of a room or~」
などという説明がありました。

上記のように
まだ、日本版wikiでは見つからないくらい(私の探し方が足りない?)

これから浸透していく(?)新しい言葉の様な気がします。

兎に角、今回は不動産さんはその部分については何も言わなかったので、スペルなどは合っていた様です。

(いつもなら修正など多数あって、細かくしっかり言ってこられるので・・)

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
なにか少しでも参考になりましたら幸いです。

間取り図の略称について、機会があれば

まとめたいと思います。


良かったら、他の記事も気がむいた方は見てやって下さいませ。
よろしくお願いいたします。

 

参考サイト:

https://dictionary.goo.ne.jp/word/アルコーブ/

https://suumo.jp/yougo/a/alcove/

https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/alcove/

https://k-alcove.net 

コメント

このブログの人気の投稿

はじめに(引越しのごあいさつ)

お越しいただき、ありがとうございます。少し下の方を見て下さいませ。 また、「続きを読む」をクリックされた場合も下の方までスクロールしていただかなくては読めないかも知れません。  先ず、ここは引っ越し中のサイトなので、お手数ではございますが ・・上の方にあります 「サイト内検索」で目的の記事を見つけてくださいませ。  ご面倒で申し訳ないですが是非よろしくお願い致します。    以下には以前の引越しの挨拶なども置いておきます。  リダイレクトかけようとしたのですが、 元のアドレス(独自ドメイン)を使うかどうかで悩んでいました。 (ちょっと弄っていたらおかしくなっていたので、 リダイレクトがループしていた?かもで、反映されない期間があったかもしれません・・。)  そして申し訳ないですが、URLが同じものにはできないので、 (インポートしたときに パーマリンクは自動で作成される&以前とは違って、URLの末尾が全て「html」になっており、必然的に全部変わってしまいます・・。)  ここに来られた方で、目的の記事がなかった場合は  サイト内を検索して頂かなくてはならないということです。。。  ↑ 現在、個別のリダイレクト方法を発見したので、時間あるときにリダイレクトさせていきたいと思います。 また、以前のブログより画像を張替えたり、リンク切れURLを削除中です。  なにかとお見苦しい部分もあるかも知れませんが、しばらくおまち下さいませ。  以下、以前の引越しご挨拶です。    ↓    この前のサイト(引越し後サイト)へ引越してきたのが約半年前ですが、  その時も引越し前(元)サイトから、リダイレクト転送をかけています。  以上のため・・、検索して来られた方でも上記のサイトから飛ばされて このページ(TOPページ)にたどり着いてしまう可能性があります。  その場合は、お手数をおかけして誠に申し訳ないですが サイト内検索で探していただかなくてはなりません・・。  上記のようなお手間をかけさせてしまうことについて 考えてみましたが・・、  「申し訳がない」と思うだけでは更に申し訳ないので、  その分、それだけのこと(再検索)をする価値があれば 良いのではないかと。  ・・なので、 検索でアクセスのあった記事はできるかぎり追記して、  良いコンテンツに仕上げて

JW レイヤ 消えた 反転表示 戻す 方法

タイトルは検索していた時の「検索語」です。 JW-cadで作図していて、レイヤを確認していたら 今まで作成していた図の一部が急に消えた事があります。 それはいろいろ調べた結果、消えたのではなく 反転表示となっていたということが判明。   それが分かるまではレイヤの番号を1つ1つ見たり、全表示にしてみたり レイヤを色々と触って探していると、○や×を触った瞬間に元の図が見え隠れし、 画面の左上に「レイヤ反転表示中」という文字が表示されたのでした。 レイヤの番号ボタンの下や端っこに「○」や「×」のマークのボタンがあります。 ○をクリックすると×の記号メニューは全て消え(もう一度クリックすると元に戻り) ×をクリックすると反転表示となることが分かりました。 しかし、元へ戻す方法が分からない・・ 早速その、反転表示を元に戻す方法をネット検索しました・・ 文字編集も少し関係があるということらしいです。 私の場合は結局、あれこれ触っていつの間にか治ってしまいましたが 以下の方法で反転表示は解除される模様です。   「Ctrl」キーを押しながら、×の付いたレイヤボタンをクリックすると プロテクト解除出来ます。   お疲れ様でした。ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になれば幸いです。 良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。     参考: http://www.jwcad.net/log/consult2/consult2-0604-06/thread11212.htm

Linuxで使えるフリーのcadソフトについて

このサイトは、パソコンにあまり詳しくない人が色々やってみたいと手を出しては 「分からない」と調べている途中の状態の日記が多いです。   ↑  (うまくいっているときは、その作業をしている気がします・・) 読み進んでイラッとする人がいそうなので、先にお伝えしておきます。  この記事を書いた時にはDraftSight が未だ、無料だったのでしたが・・ いつの間にか、有料になってしまいました。   なので、フリーでlinuxというと、LibreCADかもしれません。 実は、分かっては居たのですが、 Linuxのパソコンだとjwcadが使えない・・これは困ったことです。 (デュエルブースト?、wineなどでwindowsを併用しては可能ですが。) 普段から全然使ってはいないのですが、仕事はcad希望のため もしCADの仕事が見つかれば、すぐに練習出来る・・から。 でも、なんかの拍子でLINUXでも使えるようになっている(いく)かも知れない ・・と、OS入れ替え。  ↓ 待てど暮らせど・・使えないみたいです・・。この記事かいてからというもの、もう3年位経っている。 なので、jwcadと互換性あるとか、JWを使える様にするソフトなんてものは ないものかと探しておりました。 自分の使ってきたCADは、Jw−cadが殆どでした(他は、設備用の専用CAD(cape)など) (jw-cadは個人経営の会社では殆どが中心に使われているようです)が、 大きな会社・派遣会社の高給な募集では、AUTO−CADが多いので(たまに、一流企業なのにJw−cadを使っている会社もありましたけど・・。どこか言ってしまうと怒られそうです。) auto-CAD LTと操作性が似ているのであれば、練習のし甲斐があります。 (Jw−cadは練習すれば思い出せるし「経験あり」でギリギリ大丈夫だけど、 触る機会さえなかった auto-CADなどはそれが出来ないので、 応募さえ出来ない、と。) で、今回はwordpressのアプリで投稿してみました。 以前、DLした時は使いにくくて直ぐに削除しましたが、今回は快適です。 なんと言っても、寝転がって検索・投稿を出来るのが有り難い。 っていう、ぐうたらなていたらく・・。 PC買う時も、jw-cadが使えることが前提で、子供が小さいので(壊されないように)ノートパソコンをと