スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2021の投稿を表示しています

間取り図で、ST・アルコーブ(alcove)などの用語

 先に、STについて。 これは、測量計算の「ST測量」などという言葉も出てきて、 余計に分かりにくかったのですが、 Storage(ストレージ)でした。 略し方も、不動産会社によって違うのかもですが、 通常は「STO」と表記される場合が多そうです。 (実際に、stで検索するも、 stoが出てきたおかげで気付くことができました!)   次に、alcoveについて。最近、改めて「alcove」で検索すると 複数のサイトが出てくるようになっていました。   ・ 部屋や壁の一部にもうけられた小室 ・ 部屋や廊下など、壁面の一部を後退させてつくったくぼみ状の部分  ・ 玄関や廊下などの壁を凹型にくぼませた、ゆとりを演出する空間のこと。   以下、以前の記事ですが(半年~1年前程度)参考に残します。   アルコーブ(alcove)とは、マンションでの玄関前のスペース(玄関ポーチ?)をそう呼んでいるみたいでした。(書類・図面にそう書かれてある印刷の精度が悪いのか、アルコープとしか読めないので最初は「プ」で調べていました)なので、今まで「玄関ポーチ」と呼ばれていた部分の呼び名を今風にするため横文字へ変えただけ? みたいなことだと思いましたが‥ 念の為に調べたので、覚書メモします。 まずは、英語のスペル表記が分からないので「英語、アルコーブ、アルコープ」などで 検索してましたが‥全然出てきませんでした。 建築用語の詳しいサイトなどで「アルコープ、アルコーブ」を調べても、検索ページの1ページ目はカタカナばっかりでした。 alcoveは、英語翻訳で出しました。 (google翻訳で、カタカナで入力して日本語「アルコーブ」→英語に変換すると、英語「alcove」が出てきました)。 意味は、床の間、床、東屋とか、 又は、奥まった小部屋(weblio英和和英辞書より)、 「 洋式建築物で、部屋・廊下・ホールなどの壁面の一部をくぼませて造った小部屋。寝室・書斎・書庫に使われる。」 部屋や壁の一部にもうけられた小室、壁のくぼみ、 その他には、廊下や共用部分などともあります。 このalcoveという英単語ですが‥ 仕事の書類に使いましたが、「alcove」で提出しても何も言われなかったので‥ (仕事先がとても忙しそうで聞きにくい感じなので、一旦見てもらった方が早くて良いのです。)  玄関ポーチとして

illustrator:画面(用紙)の方向を変更したい

A3のpdfファイルをラインで送ってこられて、  それをillustratorで文字入れをするという仕事になりました。 今時です。 イラレでファイルを開いてみると・・方向が90度曲がっています。  真っ直ぐに方向を変更したいのですが(A3を横にしたい) やり方が分からないので、 PDFの段階で回転させ、再度 別名で保存をして、PDFを横向きファイルにして イラレで開いてみました・・が、なんと同じでした。  (イラレの画面が縦だから、その形に合わせてしまう仕様みたいです。) 私と同じく初心者向けの説明をさせていただきたいと思います。 (メニューの出し方が多くなります・・すみませんが、ご了承ください。)   目次     1: 方向を変えるために   2: プロパティパネルの出し方   3: コントロールパネルの出し方   4: 実際に変更できた方法   5: 参考サイト:    1: 方向を変えるために 先ず、「プロパティパネル」又は、「コントロールパネル」 による操作だと書いてあるので、その2つを出したいと思います。 ちなみに、「アートボード」のウィンドウを出して縦横の設定っぽいアイコンを横にして OKを押すと・・用紙は横向きになりましたが、中の図面が動いていませんでした。。 この辺は、送ってこられたファイルによって違うかもしれませんので、一旦は保留します。 (後述します) 以下の方法が多く見受けられたので、試してみました。 私の場合はメニューがありませんでしたが、以下の方法で メニューが出てくる人もおられるかと思いますので、残しておきます。   2: プロパティパネルの出し方 ウインドウ ↓ プロパティ ↓ 画面の右端に「プロパティ」というメニュータブが出てきます・・。 ↓ ・・が、画面の方向を変えるような項目は見付かりませんでした。 通常は、メニューが出てくるはずなので、環境設定とかで出すのかも知れません。 最初から出てくる設定になっている人もいらっしゃるかもしれません。 3: コントロールパネルの出し方 ウィンドウ ↓ コントロール(「パネル」とは書いていない、「コントロール」です。) ↓、 画面全体の一番上にあるメニューの下にもう一段メニューが増えています。

jw-cadで線の切断 / JW_WIN MFC アプリケーションは動作を停止しました

jw-cadのアップデートが最近あった様です。不具合があると直ぐにアップデートしようかと思うのですが、 長い間「7.11」を使っていたので、やっぱり戻したいと思うことも多々あります。 今回は作業中にサッと設定などで直したかったのでwebで検索して調べました。 jw-cadの情報サイトが沢山あり、困っていた時間に比べてあっと言う間に解決しました・・。   目次     1: 線が切断できなくなった件   2: 線の切断の設定   3: 切断の設定その他の参考   4: JW_WIN MFC アプリケーションは動作を停止しました   5: 参考サイト:    1: 線が切断できなくなった件 以前はjw-cadの操作中、  線上で3回(トリプル)クリックにて、線の切断ができていたのに  いつの間にか出来なくなって、線が全て消えるようになってしまいました。。  環境設定などをいくら見ても分からず、ネット検索しました。  方法は、jw-cadの公式サイトにありました。ありがとうございます。   2: 線の切断の設定 「伸縮」コマンド(左右などに沢山あるメニューを探します)  ↓  コントロールバー(画面の右上)「切断間隔」  ↓  0(ゼロ)に設定  ↓  直りました!  3回のクリックで線が「切断」になりました。  (画面の左上に「切断」と、小さな文字が表示されます。)  お疲れ様でした。。。    3: 切断の設定その他参考 ついでに参考に、   基本設定一般(2)で、□m単位入力などに チェックがある場合も、飛びますので、ご注意を。   とのことでした。   4: JW_WIN MFC アプリケーションは動作を停止しました 私の場合は今のバージョンで表題のエラーはなくなりましたので、  バージョンアップすると解決する可能性が高いです。  「JW_WIN MFC アプリケーションは動作を停止しました」 と表示され、  JWCADが終了してしまいます。  画像を貼り付けている場合、 Jw_cad8.00以降で、(「表示」の画面で)Direct2D を オンにしていると そうなる場合があるみたいです。 それに該当するなら、オフにすればよいとのことです。