スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

photoshop:ツールオプションバー

もしかしたら、ツールオプションバーとは、一番上のタブメニューの真下の 家のアイコンみたいなマーク 、ペンのマーク、フォルダのマークと並んでいる部分 のことを指すのかもしれません。(おそらく、これで合っていますが・・。)   私は、この「ツールオプションバー」という「メニュー」をずっと何時間も (正確には、何日間~何週間にも及んでいます。) 探していたのでしたが・・。 ネット検索をしても詳しい人に聞いても 何をしても分からなかったのでした。詳しい人は、まさか「そこ」が分からないと 思わなかったみたいで、他の作業方法を丁寧に教えてくれていました。 でも、私はツールオプションバーが分からず進めません・・。 基本的過ぎて、知らないとは思われないようなことだったのでした。   おそらく、photoshopやillustratorなどの画像加工ソフトで挫折する人がいれば、 明らかにその部分が問題だと思います。(ちなみに、「photoshop 挫折」で 検索すると602000件と、結構な数の検索結果が出てきました・・。 「illustrator 挫折」では、1070000件です。参考:google検索より。) ・・なので、同じような人がいれば参考にしていただきたいと思います。 解決法は冒頭にお知らせいたしましたので、記事中は どういう経緯で分からなかったのかとか、状況を残しておきたいと思います。 (検索をかけた人が同じような目に遭っていれば、 (自分の困っている状況を検索語にした場合は)見つけやすいと思うので)   adobeのサイトでも、「ツールオプションバー」についての説明があったのですが・・ それをじっくり読みましたが・・やっぱり、 「ツールオプションバー」がどこにあるのか分かりませんでした。 以下のような説明です。 ツールオプションバーが表示されていない場合は、ツールボックスのツールアイコンをクリックするか、タスクバーの「 ツールオプション 」をクリックします。   「ツールオプションバー」というメニューを探していたことが原因だと分かりましたが 、 「ツールオプションバー」という場所(画面全体の中でも、メニューの並んでいる部分) を指している、ということでした。 ツールオプションバーについてのみならず、メニュー全般が何でもかんでも どこにあるのか分からないことが多いのです

JW-cadの面積測定を正確にしたい

面積測定について。検証したいなと思っていることの一つですが・・。 頂いた元図面の面積と、作図してから測定して割り出した面積が微妙に違って 困ることがあります。殆どの場合は壁芯をとっているか、壁(部屋・壁紙) のラインに沿って測定しているか・・の差である、という気がします。 その差の場合は寸法など正確であれば、キリの良い数値が出るかもしれませんが、 結構まちまちで、どうしても計算では出てこないような数字になることもあります。 マンションは壁の厚さも物件によって結構、違ったりします。 外壁が200mmとか、150mmとか、外壁の厚さが内壁の途中まで続いている場合も 多々あります。角部屋の場合や、柱が異様に太いマンションなどがそうです。  (一軒家だと、だいたい910mmピッチが多く、芯をとるのが基本なので、 面積を割り出すときは迷いがそんなになかった気がします。  壁厚は外壁が150mm、内壁130mmが平均のようですが、 図面上は、ほぼ「100mm」「50mm」で作図されていることが多いです。)   話は戻りますが・・ 点の拾い方で、点間の各線が交差していないかどうか、というのも重要です。   例えば、   ① ②  ▽  △ ③ ④   の、上記のような▲が上下逆向きで組み合わさった2つから表現されるような X字の状態の場合、 ②から③へは真っ直ぐな直線ではありませんので、 (少々分かりにくいですね・・。)   ①→②→中央→④→③→中央 のようなルートであれば大丈夫だと思いますが、 ①→②→③→④ のようなルートだとおかしくなります。 (②と③の中心は、「点x」と呼びます。数学っぽくなりますが。)  こんな感じの時は、点xを必ず経由しないと正しい面積には絶対になりません。 これが、肉眼では分からない時がある気がするのです。 上記の様な感じで、図面上は直線にしか見えない事があります。 (何千倍に訳が分からないくらい超拡大して、やっと少し角度が違う・・とか。  直線にしか見えない線を繋ごうとしてもつながらない時や、 交差しているはずの部分が超拡大すると・・実は交差していなかったという場合 などがこれに当たります。  これは、建築よりも機械の部品とかの図面を作成している人が詳しいかと思

Linuxでicloudのエイリアス(サブアドレス)メール

今回(リライト中)、この記事に「リナックス、ライナックス」という言葉で アクセスがあったので、おそらく呼び名としてはどっちが正しいのかと 調べている方がいらしたのだと思いますが・・。 (私も最初、Linuxの存在自体を知ったばかりの時などは全く分かりませんでした。)正解は、リナックスでした!私も含めて最初はおそらく殆どの方が「ライナックス」かと思うものなのですが・・開発された方の名前に由来があるそうです・・。 以下、LINUXはあんまり直接関係がないかも知れませんが、この記事の本文で以前の記事です。また、情報が古いかもしれませんが・・ 古いバージョン・機種などの参考になる部分もあるかもしれないので、そのままの内容も置いておきます。 icloudでエイリアスメール(サブアドレス) を使いたかったのですが・・。 モバイル端末全般や、メールアプリでは エイリアスメールを作成できる設定画面には入れませんでした。 パソコンもlinuxに変えたので、そこはどうなんだろうとやってみた覚書です。 appleのヘルプページにも、mac・Windowsなどとしか説明はなく、 linuxの場合の説明もありません。 今回は、アイクラウドのアプリのダウンロードは一切考えず、 ブラウザ上のicloudのページで設定しました。ブラウザなら 結局のところ、リナックス(ライナックス)でも出来ました。 手順は以下になります。 ブラウザはchrome(firefoxでは出来ませんでした)  ↓ ログイン画面で、 ID(メールアドレス)・パスワード入力  ↓ 6ケタの確認コードがモバイルで通知される。入力。 (最初と最後の文字のみ表示されるみたいです。文字が出ないように見えますが。)  ↓ 右上の自分のイニシャルのアイコンをクリックすると設定画面  ↓ 左側にメニュー、  ↓ 変更。変更したいアドレスを選択し、 「エイリアスを無効にする」をクリック  ↓ エイリアスを追加  ↓  で、好きなアドレスを入力 ここで、エラーが出ました。エラーメッセージ、筆者の場合は 上限に達したのち削除されたため 待機期間中です。7日後に作成できるようになります。   というもの。なので、7日後に再チャレンジしたいと思います。 なぜか途中で、 mozcが強制終了して、英語半角小文字しか入力できなくなりました。 他、途中でエラ